オートバイで南米横断!ガラコイン探して今日もデデシア婆さんとスタバを遠征中( ̄▽ ̄)

スタバ好きのデデシア婆さんがオートバイで南米横断

  • TOP PAGE
  • 多くの人は出会い系ホームページでニックネームを

多くの人は出会い系ホームページでニックネームを

多くの人は出会い系ホームページでニックネームを使用しており、本名で利用するという人はあまりいませんね。

でも下の名前をニックネームとして使ってしまう人が多いみたいです。

ホームページを利用するうちに何度もやりとりを重ねて、だんだん親しくなって本名を教えてしまうといった気持ちもわからなくはないのです。

しかし素性のはっきりしない相手に自分の本名を教えてしまうことは大きなリスクを伴います。

特に最近多いのがフェイスブックからの情報漏れです。フェイスブックは設定によってはだれでもみられるようになっています。教えた本名から簡単に解ってしまい、プライベートな情報が流出する可能性が多いにあるのです。

ツイッターなどのSNSで異性と知り合いたい気持ちは分かりますが、知らない相手だからとブロックされるケースや、不幸にも通報されてしまい、Twitter嫌いになった方もいるようです。

多くの異性をフォローした結果出会いが生まれとんとん拍子に恋が進んだという場合が無いわけではないのですが、相当レアなケースであることは間ちがいありません。

心から恋人が欲しいとねがうなら出会い系ホームページなどで運命の異性を自分から探すのが確かなようです。

ここ最近の出会い系ホームページには、ポイントを換金できるシステムを導入しているところも増えてきています。

こうしたホームページを利用するときは、「キャッシュバッカー」に注意すべきです。

。キャッシュバッカーとは、ポイント換金制の出会い系ホームページにおいて出会いを目的とするのではなく、お小遣い稼ぎとしてポイントを稼ぐという目的でホームページを利用する人がいるのです。このような目的の出会い系ホームページ利用者をキャッシュバッカーと呼びます。キャッシュバッカーは悪徳ホームページが雇うサクラでもないし、生身の人間であるため、自動返信プログラムとのやりとりで起きるような会話の食いちがいも起きないため、判別しづらいのですが、延々やりとりを繰り返すだけで一向に会おうとしてくれないのならば、それ以上深入りするより、新しい相手を探す方が出会いの近道だということです。現在ではインターネットでのやり取りがコミュニケーションの多くを占めるようになってきました。そんなネット社会で人間関係をスムーズにするにはメール術は重要なポイントです。出会い系アプリでも持ちろん同じように、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に好意をもたれるメールでなければ出会いを上手にいかせることは難しいでしょう。

いきなりなれなれしかったり、男らしさを見せようと荒っぽくなるのもだめですし、会いたいとばかり繰りかえしてしまうと嫌がる女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が大半でしょう。それに、自分の都合や気持ちを優先したメールでは、ほとんど返事はなくなるでしょう。出会い系ホームページを利用して出会えた相手とは、当然ながら楽しく会話をしたいものです。出会い系ホームページの最大の利点はホームページ上ではなく実際に会うときにホームページ上で人となりのわかっている相手と会うこととなるのであまり緊張することなく、会話を楽しめる可能性が大きいということです。

ゆえに、ホームページ上でのやりとりで、相手の好きなものなどについて実際に会う前にメッセージで聞き出しておけば、どのような話題でお互いが盛り上がれるかが見えてくるでしょう。メッセージのやりとりから、相手に「この人ではない」と思われ、出会いに至らないということも持ちろんあります。しかし、願望を持ち、ホームページ上でのコミュニケーションはねんごろにおこない、相手のことを理解する姿勢を保ちましょう。

関連記事

メニュー

スタバ好きのデデシア婆さんがオートバイで南米横断

Copyright (c) 2014 オートバイで南米横断!ガラコイン探して今日もデデシア婆さんとスタバを遠征中( ̄▽ ̄) All rights reserved.